2009年05月11日

(株)ドトールコーヒー

●今日の問題いきます!


「ドトールコーヒー」の社名の由来で正しいものはどれで

しょうか?

 A.創業者のアメリカ人「ドトール」からつけた。

 B.創業者が住んでいた通りの名前からつけた。

 C. 一つ一つのサービスがすべて(dot all)の意味でつけた。


どうでしょう?

答えは後ほど↓

==============================

●コラム

決算発表の時期となり、あのトヨタでさえ59年ぶりの歴史的赤字

決算となりました。



「不景気になると家計も厳しくなって夫婦喧嘩が増える」と

言っていた人がいますが、こんな厳しい時だからこそ、夫婦で

力を合わせて乗り越えていってもらいたいです。



ところで、日本の都道府県別に離婚率を順位付けしたとき

どこがトップかご存知ですか?



1000人あたりの離婚率トップ3は以下の通りです。
(2005年総務省統計局)

1.沖縄県 2.83人

2.大阪府 2.81人

3.北海道 2.76人



沖縄がトップとは意外な感じがしますが、沖縄の女性は実家との

結びつきが強いため、亭主の収入が悪くなったり、不満が出ると

簡単に実家へ帰れてしまうというのが主要因と言われています。



大阪、北海道については性格上、勢いで結婚して、勢いで別れ

てしまいやすいのでは?と言われていますが、事実は・・・

よくわかりません。



国際的に比較すると以下の通り、日本の離婚率は低いのです。

1000人当たり離婚率

 日本   2.02
 アメリカ 3.60
 イギリス 2.80
 ドイツ  2.45
 フランス 2.47

(日本は2007年データー、他国はその近年)

一概に「離婚は良くない」とは言えませんが、結婚したらお互いが

幸せになるように、信頼を持って生活していきたいですね。



昔、私のおばあちゃんが「結婚相手は両目を大きく開いて探し

なさい。結婚したら片目を閉じなさい」と言っていました。



この言葉の意味が最近、良くわかるようになりました。(笑)


   
==============================
●クイズの答え

正解は・・・


 B.創業者が住んでいた通りの名前からつけた。



です。正解できましたか?



●解説


同社は1962年に鳥羽博道氏が東京都港区にコーヒーの

焙煎会社として創業したのが始まりです。



鳥羽氏とコーヒーとの出会いは鳥羽氏が高校を中退して入社した

コーヒー会社でした。



鳥羽氏はその会社の喫茶店で働いていましたが、「このままでは

だめだ、自分の存在価値を探さなくては」と一念発起し、単身で

ブラジルへコーヒーの勉強をしに行くこととしました。



当時、ブラジルへの航海といえば日本から40日以上もかかり、

不安になるものですが、勉強への強い想いを持つ鳥羽氏にとって

は日本を出たこと自体が嬉しくてたまらなかったそうです。



その後2年半、鳥羽氏はコーヒー焙煎の知識・技術そして

ブラジルの文化やコーヒーに対する価値観なども含めて熱心に

学び、帰国後「ドトールコーヒー」という焙煎会社を興しま

した。



「ドトール(doutor)」とはポルトガル語で、「医者」「博士」

という意味で、英語でいう「doctor」とほぼ同じ意味になります。

鳥羽氏がブラジルのコーヒー農園で働いていたころ、下宿して

いた場所が「ドトールピントフェライス通り85番地」であった

ことから、その後日本に帰り会社を設立する際に、そのころの

気持ちを忘れないために名づけました。



その後、1976年には横浜市にカフェコロラド1号店を出店し、

1980年にはドトールコーヒーショップ1号店を東京原宿に

開店しました。



150円で本格的なコーヒーを提供するドトールコーヒーは、

当時、喫茶業界に革命をもたらすものでした。



鳥羽氏は当時から「はじめにお客様ありき」の精神で事業を

行っており、たとえば150円という値段も原価や必要経費など

から導きだすのではなく「毎日お客様の負担にならないコーヒー

1杯分の価格はいくらだろう」という考え方から設定されたの

です。



このような事業は市場に受け入れられ、その後もフランチャイズ

によって店舗を拡大し、今(2006年4月現在)では島根県を

除く都道府県に1,490店舗以上を出店する日本最大のコーヒー

フランチャイズ事業となっています。



私も、ドトールコーヒーはよく利用します。

安くておいしいコーヒーでほっと一息つくときに幸せを感じます。



やはり、どんなビジネスでも「お客様ありき」の思想が不可欠

なんですね。



最近はコーヒーチェーン店も競争が激しくなってきましたが、

ドトールコーヒーには鳥羽氏の思いを貫いてがんばって

もらいたいです。

応援してます!
posted by あぐり at 06:30| Comment(6) | TrackBack(23) | 社名クイズ